2018年2月21日水曜日

「イトモシリ」


 

 
  アイヌ語で「イトモ」は平和、「モシリ」は地、大地、国
「イトモ」と「モシリ」で「平和な大地」

アイヌの人たちの間で「イトモ モシリ」という言葉が使われているかは分からないが、真中の「モ」が一緒になって、「イトモシリ」という言葉が、ふっと  湧いてきた。


そして真ん中の「モ」を隠してみると、「イトシリ」という言葉が、浮かびあがる。

なんと「イトシリ」    ああ これは 「イドジリ」「井戸尻」なのであった。


説明がつかないのだが、静かな確信にちかい思いが、胸に湧きあがる。
この場所が、やっと 本当の名前を教えてくれたのだ  と。



そうして「八ヶ岳自然生活学校」は「スユアの森  イトモシリ自然学校」に生まれ変わった。


















2015年10月23日金曜日

野菜組


  10月の畑  


  

    サツマイモやカボチャが収穫期を迎えています。

  
   

   前回蒔いたゴボウは出ているかな?

   
   

   美しい10月の畑。
   
   ダイコンやカブが、野の草花と一緒に、ひかり輝いている。

    
 

   旬を迎えた野菜たちは、こんなに元気できれい。 

   虫も病気も寄せつけない。

    


   

   そして、早くも来春の畑の準備が、始まります。
   

  
   大きく土を動かす「畝立て」は、寒くなる前に行います。


    

   かまぼこ型に土を盛り上げたら、最初にどかした「亡骸の層」を戻して、その上に草をかぶせます。

    

   ふかふかの草のベッドを作ります。

   冬の間もこの草の下で、微生物や小さな生きものたちが、生き続けます。

   


   フムフム、生きものたちのにおいがする、、、

   


    









     今日も生きものいっぱい    ありがとう地球!


   

   

   

   

  

   
 

   

収穫の秋


 田んぼ組、稲刈り始まりました。(10月17日~)  今年も豊作です。

 


 


  

   皆んなで協力してハゼ棒を立てます。

   
 

    せっせと稲刈り

 

    藁で束ねて、

  

   がっちり ハザ掛けします。このまま、2~3週間天日干し。


    


    すごいなあ、この稲。
  
    太陽と土と水とたくさんの生きものたちが育てたんだよ。

    土は耕さず、肥料はやらず、農薬は使わない。

  

  こちらは、来年の種もみです。

    
  
   水を抜いた田んぼには、コオイムシがたくさんいたよ。  

   
    

  


    畦にはノギクやミゾソバが花ざかり。





   今日も 生きものいっぱい、ありがとう地球!







  


 




  



  

2015年9月7日月曜日

雑穀組 ダイジェスト版


  雑穀組

 

  暑い盛り、ソバの種まき。    (7月24日)


   

  ソバの発芽後、約1週間。  (8月7日)  




  そして、他の雑穀たちも、すくすくと育っています。
   
  ひえ

   
  たかきび


   
 四石(しこく)びえ

   

   
 大豆   (ピンク色の花がさいている)


    

    
 あわ(猫足あわ)



    
  えごま

  
  

   小さかった雑穀たちも、7月8月に入るとぐんと伸び、あっという間に大きくなりました。

   
    

   
   収穫の秋が楽しみですね。
   





   生きものいっぱい   ありがとう地球!


  
   



  
  

田んぼ組 ダイジェスト版 2



   田んぼ組    7月~9月。

    

 
    7月、稲は身体をつくる青年期に。  ぐんぐん分けつしています。


    

   
   8月はじめ、出穂(しゅっすい)。  同時に、開花、交配。

    
    

  
     交配後、しだいに穂首を垂れ、  

    秋の深まりとともに 、 ゆっくりゆっくり熟していきます。


    


     そして動物たちがやってくる。   スズメ、シカ、イノシシたち。



   
  来ないでー。



   
  来ないで。


   
 来るなよ!

    
    


   
ワァウォーーン!  


  
   


     カカシを立てると、田んぼの神さまが舞い降りる。

   

       
       

       大切なお米を守ってくれるんだね。



     


     



       生きものいっぱい   ありがとう地球!














   

2015年9月6日日曜日

田んぼ組 ダイジェスト版 1

   
 
  遅ればせながら、ご報告いたします。



     田植えの頃、6月上旬。

   
 


   

   陸苗(おかなえ)、りっぱに育ちました。


    
    

    水苗(みずなえ)、りっぱに育ちました。

    

    
 

      田んぼ組、冬水たんぼの田植え。


    
    
 

   田んぼ組2年生、自然農たんぼの田植え。


   
 

  そしてこちらは、「お田植え体験会」



    八ヶ岳の西南麓、標高850m。  田植えの期間はわずか10日余り。

   
   
 

    せっせ、せっせと、植えていきます。

     
  

 
   独り立ちの稲、キラキラと輝いています。

   可愛いね、愛おしい。   しっかり育てよ、おまえたち。



    

   
    田植え後の田んぼに、風が吹き抜ける。



    
 

    ふー  、  それにしても   暑かったねー。










           生きものいっぱい   ありがとう地球!







田んぼと畑の見学会


     毎月、見学会を行っています。



   



自然農の田んぼと畑を見学した後、「ありがとう地球ハウス」で、自然農についての基本的なお話をしています。自然農の歴史、考え方、栽培方法、などについて。


オリジナルの資料を使って、私たちの豊富な経験をもとに、わかりやすくお話しします。



   質疑応答の後、参加者の皆さんの交流では、自給自足生活、半農半X、田舎暮らしについての話も飛び出します。

 旬の野菜を試食したり、


   お茶を飲みながら、楽しい時間を過ごします。

     


      関心のある方、ぜひお出かけください。


     10月以降の見学会の予定は、ホームページをご覧くださいね。